topimage

2017-04

MFH Ferrari126C2(67) - 2015.05.11 Mon

こんにちは

MFH フェラーリ126C2の続きです。
今回これで、126C2の製作記は終了となります。
みなさん長い間お付き合い頂きありがとうございました。

今週末5月16日17日
1昨年ぶりに
静岡ホビーショウにのモデラーズ合同作品に出展します。

F1モデリングに掲載した、ロータス72E、マクラーレンホンダMP4/4も展示予定です。

ご都合の付く方は、是非、静岡ツインメッセに足を運んで頂きお声をおかけして頂けたら
思っていますのでよろしくお願いいたします。
ちなみ、展示クラブ名は『模楽』MORACです。

ここ3日間の作業成果のご報告で完成には至っていません。

塗装をはがしてまたチリ合わせをしてます。(泣)
というのも、カウルを調整した際、ノーズコーンの調整を忘れ
御覧のように0.5mm程の位置ずれが発生してました。



位置合わせ後、再塗装です。
赤色の隠ぺい力が弱かったので、塗装時間短縮を狙って
サフはエヴォホワイトに赤を少々混ぜて、ピンク色で塗装しました。

IMG_3472.jpg

上塗り塗装の合間を縫って、テールランプの製作をします。
省略されていた、電装コードを自作追加しました。
レンズを固定するボルトも別売りのリベットに置き換えました。

IMG_3481.jpg

バックミラーのエッチングは
耐水ペーパー1000番、1500番、2000番
ラプロスの6000番8000番で磨いた後、ピカールで磨きました。

IMG_3483.jpg

上塗装後の写真です。
まだフロントウイングはついてません。
ロールバーもカウルと干渉するため、まだ微調整がひつようです。
でも、カッコイイデス。
何かここまで完成するとニヤニヤしてしまいます。

ベルギーGP仕様はサイドスカートの色で黒色とサンド色とで説が
色々ありますが、私はサンド色をチョイスしてみました。
事故直後の写真をみると折れ曲がったサイドスカートがサンド色の
ようにみえたからです。

IMG_3484.jpg

この後、カウルは鏡面仕上げしたのちデカールを貼りつけます。
デカールの上からのクリアーコートは定番工作となっていますが、
今回はあえてクリアーコートなしで実車風にしてみたいと思います。
時間がないからではないですよ。(笑)
ちゃんと、最初から決めていたことなんですよ。ホントに。

IMG_3500.jpg

最後に
何回も塗り直しや修正しましたが結局は
あまり似てないジル・ビルヌーブのアップです。(笑)

IMG_3501.jpg
スポンサーサイト

MFH Ferrari16C2(66) - 2015.05.07 Thu

こんにちは
MFHフェラーリ126C2の続きです。

タイヤを塗装しました。
タイヤロゴはデカールが付属されていますが
テンプレートをつかって塗装で仕上げました。
タイヤの塗装色はつや消しブラック+つや消しホワイト
+ダークアースを使っています。



塗装終了後、ハンドドリルにタイヤを固定する治具を取り付け
トレッド部(接地面)をヤスリで削りました。
サイドウォール部はタイヤのゴム色
トレッド部は路面の埃を拾って汚れた色
一皮向けた感じが表現できたように思います。

IMG_3465.jpg

ホイルにはメタルパーツのランナーで作ったバランスウエイト
を取り付けてみました。

IMG_3469.jpg


MFH Ferrari126C2(65) - 2015.05.05 Tue

こんにちは

連休も残すところ後1日です。
大型連休は何処にも出かけず完成目指して模型三昧してますが、失敗の修正ばかりで思うように
作業がはかどらず、妥協ばかり。
楽しいはずの模型製作が地獄のように思えてきます。(苦笑)

本日も修正作業の紹介です。
右側ターボの位置ズレの影響でインタークーラ配管にも出ています。
少々の調整では治りそうにありません。(泣)

IMG_34251.jpg
メタルパーツのランナーを溶かして配管を1mmほど延長し、
自然につながるよう角度を調整しましたが、いまひとつですね。



ターボ用のウエストゲージバルブを組みつけました。
バルブに巻いてあるスプリングは0.25mmの金属線を螺旋状に巻き自作しましたが
金属線が柔らかい素材だったので、くねくね曲がってしまいました。

これでは、あまりにも情けないので、作り直します。

IMG_3455.jpg

ついでに、ボルトも切り飛ばしアドラーズネストのSS六角ボルトに置き換え
デイテールUPします。

IMG_3457.jpg

スプリングはステンレス製の物で製作しました。

IMG_3454.jpg
IMG_3459.jpg
IMG_3460.jpg

エンジンに組みつけた画像です。
少しはリアルになったかな?

IMG_3462.jpg

MFH Ferrari126C2(65) - 2015.05.04 Mon

こんにちは
MFH フェラーリ126C2の続きです。
排気管の製作をしています。
仮組みしてみると、左側の排気管が左側に大きく傾います。
どうも、エンジンを落下させた後の修正でしくじったみたい。(泣)
いまさら、またはずして組み直す根性もないのでごまかします。(汗)



1mmのプラバンでフランジに付けるスペーサーを作りました。

IMG_3427.jpg

スペーサーを付けた状態。
何とかごまかせたかなと思います。
ステーに干渉して右に傾いているので、
真直ぐになるよう調整しないといけないですね。

IMG_3429.jpg
IMG_3430.jpg

排気エンドのインシュレータを組み付けます。
エッチング製でホースバンドも再現されていてとてもリアルです。

ホースバンドは軽く曲げて少し浮きあがるように接着します。
こうした方がより実車に近づきます。
ボルトは付属品を紛失してしまったので、T2Mの物で代用してます。

IMG_3448.jpg

排気管をターボに接着固定しようとしましたが、強度的に不安だったので、
排気管に1mmの真鍮線を打ち込み、ターボの内径に合わせたプラ棒を
はめ込むようにしました。

IMG_3436.jpg

MFH Ferrari126C2(64) - 2015.05.03 Sun

こんにちは
MFHフェラーリ126C2の続きです。

ホビーデザインのエッチングパーツとさかつうの電装用のコネクタ、0.6mmのコードを使って
燃料タンク上の電装部品をディテールUPします。



BOXのコネクタを切り飛ばし、さかつうのコネクタを差し込みました。

IMG_3413.jpg

ロールバーを磨いていたら、折れてしまいました。(泣)

IMG_3415.jpg

位置を決めて、コテの熱でパーツを溶かさないよう慎重にはんだ付けしました。

IMG_3419.jpg

うまく修復できました。

IMG_3421.jpg

ターボユニット上部のインシュレータです。
T2Mのプラスリベットとホビーデザインのエッチングワッシャを使ってディテールUPします。

IMG_3422.jpg

瞬間接着剤で固定後、汚し塗装しました。

IMG_3424.jpg

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

はまくく

Author:はまくく
FC2ブログへようこそ!
2000年から趣味で模型作りを始めました。
最近はF1と箱車製作が主流で、特に1/12のビッグスケールが得意技です。
スケール模型クラブ 
模楽(MORAC)
に所属し活動中です。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

マクラーレンホンダMP4-6  (7)
タミヤ 1/12 ロータス72D 製作記 (62)
1/12 F2008 製作記 (77)
MODEL PLUS 1/12 Ferrari F2002 (35)
LOTUS HONDA 99T (22)
マクラーレンホンダMP4/4 (76)
その他 (5)
フェラーリF138 (14)
Ferrari126C2 (70)
アオシマ マクラーレンF1 GTR (10)
フジミ フェラーリF187/88C (11)
MFH Williams FW16 (20)
エブロ マクレーレンホンダMP4-30 (17)
模楽 MORAC (3)
ToytataTA64 (10)
Toro Rosso STR5 (7)
ハセガワ ランボルギ-ニ ミウラ  (15)
MFH 1/12 Ferrari 250TR (12)
エブロ ロータス91 (15)

訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QR