topimage

2013-08

Ferrari F2002製作記(22) - 2013.08.31 Sat

こんにちは
 
モデルプラスフェラーリF2002製作記の続きです。

経年劣化のせいか、この猛暑の熱させいなのか、カウルが歪んでチリが合わなくなっていました。
というより、もともとうまく出来ていなかったかもしれません。

なので
今週末はボデーカウルの表面の凸凹修正とチリ合わせをしています。


F2002 21 (2)
F2002 21 (3)

盛ったパテを削って表面の凸凹やカウルのちりを合わせていますが
なかなかうまく修正できないです。

話は変わりますが、
私はエアコンのない部屋で扇風機にあたりながら、汗をかきつつ作業しています。

パテ盛り作業すると、パテの臭いがキツくて扉を開けた際、部屋から漏れて
家族から臭いと苦情がで出てきています。(窓を開けて換気はしています)

しかも、このレジンも臭いがすごい出るのです。
ちょと削ったりすると、衣服にも匂いが付着し、臭い臭いと言われます。
ファブリーズもあまり効果がありません。

家族のご機嫌損ねては、模型製作ができなくなってしまいます。
しばらくは、ご機嫌を伺いながら、少しずつ進める作業が続きそうです。(泣)


F2002 21 (5)
F2002 21 (1)
スポンサーサイト

Ferarri F2002 製作記(21) - 2013.08.25 Sun

こんにちは

フロイントサスの内部を制作していまが、今ひとつ納得いかないので作り直しています。

まずはボデーのヨレヨレ感を修正する為、パテを盛って面出ししました。


次に、気に入らなかった部分を修正しました。

1.トーションバーの調整部を追加しました。
  物はハイキューパーツのSPプレート2.5mmをつかっています。

2.ダンパーを小さくして、下部のロッドを変更しました。

3.電装コネクタをさかつうのパーツに変更し、ついでに台座も真鍮製のアングルに変更しています。

F2002 20 (1)

ステアリングコラム、ラックも作り替えました。

ステンレスパイプと真鍮のアングルを組み合わせ半田で溶接しています。

ステンレスは輝きが良いですね。

F2002 20 (3)

組み付けた画像です。

先回と比較するとしっかりした感じになり、随分と印象が違うように見えますが、どうでしょうか?

最初からこれぐらいの作業が出来ていれば、早く進むのですが・・・・
なぜかできませんね。

F2002 20 (2)

Ferrari F2002 製作記(20) - 2013.08.24 Sat

こんにちは
モデルプラス フェラーリF2002制作の続きです。

洋白線とアルミパイプを組み合わせフロントサスのダンパーを作りました。

F2002 19

F2002 19 (2)

ダンパーを組み入れるとこんな感じです。

F2002 19 (3)

電装類はトップスタジオの電装コネクタを使います。
レジン製で出来ており、画像の物は着色したのもです。

F2002 19 (4)

ランナーから切り離し、切り出したプラ板に差し込みます。
プラ板にはカーボンデカールを貼っています。

F2002 19 (5)

組みつけるとこんな具合です。

だいぶ密度が上がってきましたが、拡大写真で見ると加工箇所の雑な部分が良くわかります。

電装コネクタもよれていて今ひとつですね。

年のせいで細かい部分が、どうしても見えなくてうまく作業できません。

もう少し綺麗に見えるよう修正しようかと思います。

F2002 19 (6)

Ferrari F2002 製作記 (19) - 2013.08.20 Tue

こんにちは

モデルプラス フェラーリF2002製作記の続きです。
ステアリングシャフトの製作紹介です。

3mmの丸棒を加工しました。
凹部は平ヤスリで削り込んでいます。

F2002 18 (1)

いつもように、ヒートンとアルミパイプの組み合わせで、ジョイント部を制作しました。
3mmの丸棒はジョイント部がそれらしくなるように外径を細く加工しています。

F2002 18 (2)

ボーデーの内部を彫刻刀で掘り込みました。
ステアリングシャフトは奥に差し込めれるよう、穴を一段深く掘っています。

ステアリングラックとの接合部は工夫が必要なので次回考えます。


F2002 18 (3)

Ferrari F2002制作記 (18) - 2013.08.18 Sun

こんにちは 

モデルプラス フェラーリF2002制作の続きです。

今日はフロントサスのステアリングラックとブレーキオイルタンクの加工を実施しました。

画像はキットのステアリングラックとオイルタンクを組み付けた画像です。

サスとラックはエッチングパーツでできた薄板でリンク機構のようにつなげるようになっているようですが
前後の段差が3mmぐらいあるし、そのままでは組み付きそうにもありません。

ちょっと怪しいので写真で確認しようとしましたが、あいにくF2002の写真がないので詳しくわかりません。

後継の2003年モデルのGAの写真を確認するとキットのようなリンク機構ではなく、ロッドで出来ている事がわかりました。
なのでGAを参考にロッドに作り替えます。

F2002 17 (1)

まずは
オイルタンクから

瞬間接着剤の先端に付けるチューブを切って、代用します。
色といい、サイズもぴったりです。
バンドは0.8mmの洋白帯を丸めて使います。

F2002 17 (3)

タンクのキャップは4mmのプラ棒が手持ちになかったので、有り合わせで4mmのプラパイプに3mmのプラ棒を差し込んで瞬着で接着して整形しました。

F2002 17 (5)

ステアリングラックは

ロッドにアドラーズネストの六角LLサイズをそのまま利用します。

六角LLサイズを4mmのアルミパイプに差し込んでと、前後の位置調整でプラ角棒を組み合わせます。

F2002 17 (7)

で、組み付けた画像です。

『アレ?』
今、気づいたのですが、
六角LLサイズノロッドの長さが左右で2mm程違うではありませんか?

後で修正します。

F2002 17 (10)

タンクを載せるとこんな具合です。

まだスカスカで物足りないので、センサー類やステアリングシャフトなどつくってみようかと思っています。

F2002 17 (11)

Ferrari F2002 製作記(17) - 2013.08.17 Sat

こんにちは
モデルプラス フェラーリF2002製作記の続きです。

リヤサスペンションのプッシュロッドですが、こちらも実車と違うので作り直すことにしました。

F2002 15 (9)

ロッドの基部を切り離します。

F2002 15 (10)

フロントと同じように洋白板とステンレス棒を半田付し、ヤスリで整形します。
ロッド先端には1.5mmのステンレスパイプを半田付し、後にカットします。


F2002 15 (11)

完成後の画像です。
筋彫りも入れて精密感UPです。

F2002 15 (12)

ギヤボックスに組付けるととこんな具合です。

F2002 15 (13)

Ferrari F2002 製作記(16) - 2013.08.16 Fri

こんにちは

モデルプラス フェラーリF202製作記の続きです。
昨日、フロントサスのプッシュロッドの加工修正をしましたが、
実車と異なるようなのでもう一度作り直します。

画像はロッドの基部となる材料です。

1.5mm幅の洋白帯板に1.2mmの穴を開けて、1.2mmのステンレス棒を差し込みます。

F2002 15 (1)

差し込んだ後、半田ずけします。

切り離したロッドには1.2の穴を開けています。

F2002 15 (3)

ステンレス棒を切り離したロッドに半田付けします。

F2002 15 (4)

ヤスリで形状を整え、筋彫りを入れます。
サンドペーパーで面を均して、コンパウンドで磨きました。

F2002 15 (5)

次に0.6mmの六角ボルトを瞬間接着剤で固定します。

F2002 15 (6)
F2002 15 (7)

組み付けた画像です。

だいぶ実車に近づき、精密感がUPしました。

F2002 15 (14)

Ferrari F2002製作記 (15) - 2013.08.15 Thu

こんにちは

モデルプラス フェラーリF202製作記の続きです。
今日はフロントサスのプッシュロッドの加工修正をします。

F2008 14 (2)

ロッドの基部を切り離し、ステンレス棒とパイプを組み合わせ作り替えます。
チョットだけですが精密感が出たように思います。

F2008 14 (3)

フロントサスのロアアームの強度がなく 真ん中で切れてしまったので
修理します。

細いロッドの中央にビスで固定する方法なので、ちぎれても仕方ないですね。

F2008 14 (5)

補強用としてステンレス棒を半田付しました。
少々形状がいびつになったので、ヤスリで整形して組み付けます。

F2008 14 (6)

フロントサスを組み付けた画像です。
サスは、コンパウンドで磨いたのでちょっと綺麗です。

ボデーは、凸凹の修正箇所をわかりやすくする為にサフを吹いています。
サフ色になると、随分作業が進んだように思えます。

でも、ヤスリでガシガシ削ったボデーなので凸凹修正箇所の多さにちょっとショックをうけてます。

パテ盛りと面均しの繰り返しという、地味な作業がまだまだ続きそうです。

F2008 14 (1)

Ferrari F2002 製作記 (14) - 2013.08.14 Wed

こんにちは

モデルプラス フェラーリF2002製作記の続きです。

今日はシャシの加工を作業をしました。
アッパーカウルの修正に伴いシャシのラインも修正する必要が出てきました。
白く塗った部分を削り、カウルの形状の合わせます。

また、シャシのサイドチャネル部分・ステップフロア部分を薄く削ってシャープにします。

F2002 13 (1)

加工後の画像です。

F2002 13 (3)

続いてカウルの修正に伴い削り取ってなくなった、排熱口のラインを復活させます。
(上の矢印)

下の矢印はシャシの加工部分です。

F2002 13 (4)

続いてノーズ部のラインも復活させました。

筋彫りラインが太かったので、瞬間接着剤を流し込み面を均した後、筋彫りしています。


F2002 13 (9)

Ferrrari F2002 製作記 (13) - 2013.08.10 Sat

こんにちは

暑い日々が続いています。
あまりにもの暑さに作業が進みません。
皆さん体調をくずさないよう気をつけてくださいね。

はまくくのF1モデル製作記も明日で1年を迎えます。
1年間で製作紹介出来たF1マシンはロータス72DとフェラーリF2008の2台です。

ご訪問して頂いている皆様、応援、励ましのコメントを頂いた方々
本当にどうもありがとうございました。

2年目も相変わらず、だらだらと紹介していきますが、どうぞよろしくお願いいたします。



モデルプラス フェラーリF2002の製作記の続きです。

リヤサスペンションのリンクを一度作りましたが、似ていないので作り直すことにしました。

洋白板をU字型に曲げて真鍮パイプに半田付けしました。

F2002 12 (1)

U字型に穴を開け、左右を繋ぐ真鍮パイプを半田付けしました。

ロッドはヒートンと真鍮パイプを組み合わせています。

F2002 12 (2)

ロッドを組みつけ洋白線を通した後、半田で固定しました。


F2002 12 (3)

ギヤボックス組みつけるとこんな感じになります。

以前よりは少しはマシになったのでは?と思っています。

サスアームを固定する、+ネジが邪魔だし、カッコ悪すぎるのでごまかしたいと思っています。


F2002 12 (4)

Ferrari F2002製作記 (12) - 2013.08.06 Tue

こんにちは 

モデルプラス フェラーリF2002製作の続きです。

フロントサスペンションの加工修正をしました。
ヤスリでロッドの端面がシャープになるように削っています。

F2002  11 (1)

組み付けるとこんな感じです。

F2002 11 (2)
F2002 11(3)

Ferrari F2002 製作記(12) - 2013.08.04 Sun

こんにちは 

モデルプラス フェラーリF2002の製作記の続きです。

ディスクブレーキにエッティングパーツを取り付けました。
精密感が増していい感じになります。

F2002 10 (2)

リヤサスペンションの画像です。

サブダンパーを作り直しました。

リンクはアルミパイプとヒートンを組み合わせています。
ドライブシャフトは アルミパイプに置き換えています。

F2002 10 (3)
F2002 10 (1)

Ferrari F2002  製作記(12) - 2013.08.01 Thu

こんにちは
モデルプラス フェラーリF2002製作記の続きです。

今日は、ディスクブレーキを加工しました。
パーツはメタル製です。
ご覧のように、ディテールが曖昧ですね。

F2002 9 (8)

まずディスクの合わせ面をヤスリで削って、面を均します。
次に0.8mmのドリルで冷却用の穴を入れます。

パッドで削れたディスク面の表現は
電気ドリルにネジを差込みナットでディスクを固定します。
電気ドリルを回転させディスク面にヤスリをあてて加工しました。

F2002 9 (1)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

はまくく

Author:はまくく
FC2ブログへようこそ!
2000年から趣味で模型作りを始めました。
最近はF1と箱車製作が主流で、特に1/12のビッグスケールが得意技です。
スケール模型クラブ 
模楽(MORAC)
に所属し活動中です。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

マクラーレンホンダMP4-6  (7)
タミヤ 1/12 ロータス72D 製作記 (62)
1/12 F2008 製作記 (77)
MODEL PLUS 1/12 Ferrari F2002 (35)
LOTUS HONDA 99T (22)
マクラーレンホンダMP4/4 (76)
その他 (5)
フェラーリF138 (14)
Ferrari126C2 (70)
アオシマ マクラーレンF1 GTR (10)
フジミ フェラーリF187/88C (11)
MFH Williams FW16 (20)
エブロ マクレーレンホンダMP4-30 (17)
模楽 MORAC (4)
ToytataTA64 (10)
Toro Rosso STR5 (7)
ハセガワ ランボルギ-ニ ミウラ  (15)
MFH 1/12 Ferrari 250TR (18)
エブロ ロータス91 (15)
MFH 1/12 Ferarri 330P4 (0)
MFH 1/12 Ferrari 330P4 (2)

訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QR