topimage

2014-08

MFH Ferrari126C2(22) - 2014.08.29 Fri

こんにちは

ブログのテンプレートを元に戻します。(写真が多すぎて携帯サイトで見づらいので)

MFH フェラーリ126C2の続きです。
ドライバーフィギュアの首角度を変更します。



当時の写真を参考にややうつむき加減にしました。

IMG_2846.jpg
IMG_2848.jpg
スポンサーサイト

MFH Ferrari126C2(21) - 2014.08.26 Tue

こんにちは

MFHフェラーリ126C2の続きです。
ドライバーの調整をしています。
腕を仮組みしてみました。
2~3mm短いようでステアリングを持てせる事ができませんでした。



腕を切断し真鍮線を差し込み、肘の角度や腕と肩の位置など調整してみました。

IMG_2836.jpg
IMG_2837.jpg

最終的には当時のゾルダーサーキットでのワンショット写真を参考に
ステアリングを持つ手の位置などを決めました。
とりあえず、パテで隙間を埋めてから、ディテールをつけて行こうかと思っています。

IMG_2841.jpg
IMG_2842.jpg

MFH Ferrari126C2(20) - 2014.08.24 Sun


こんにちは

MFH フェラーリ126C2の続きです。
ドライバーフィギュアの改造を少々しました。

ドライバーを載せようとした際、足がモノクッコ内の消火器とステアリングシャフトに干渉してしまい、
搭載できないことが判りました。
消火器を載せなければドライバー搭載は可能かと思います。

IMG_2834.jpg

また搭載できたとしても足がペダル位置にしっくりこないので修正が必要です。
数ミリのズレなのですが、座らせ方によっては右足がトウ&ヒル状態
(アクセルペダルとブレーキペダルの中央位置)だったり
左足がブレーキとクラッチの間だったりしてちょっと変です。


IMG_2826.jpg
IMG_2825.jpg

搭載時の消火器とステアリングの干渉対策は足首の角度を少々寝かせて隙間を確保します。

ペダル位置の対策は、ドライバーの左足を股間から切り離し少し股を広げる事にしました。
切り離した足は、1.2mmの真鍮線を打ち込み角度修正後接着剤で固定します。

IMG_2827.jpg

角度修正した画像です。
ペダル位置は良さそうですが、足がペダルに届か寸足らずです。

IMG_2830.jpg

足を1mmほど長くして対処する事にしました。
隙間はパテで埋めて修正します。

IMG_2832.jpg

MFH Ferrari126C2(19) - 2014.08.23 Sat

こんにちは

MFH フェラーリ126C2の続きです。

ターボ排気管を塗装しました。
ターボとウエストゲージバルブはつや消しの黒色系で
排気管はいつものように、クリヤー系の塗料を塗り重ね
焼け表現を強めにしてみました。

ターボ過給圧を開放するバイパスバルブの排気パイプは
アルミパイプで作り替えています。



キットのものはレジンパーツ製です。

IMG_2795.jpg

キットパーツのパイプの断面形状が気に入らなかったので
4mmのアルミパイプを曲げ加工し断面を自分の好みに
しました。

IMG_2799.jpg

MFH Ferrari126C2(18) - 2014.08.18 Mon

こんにちは 
MFH フェラーリ126C2の続きです。

可動部の汚れ、金属種の違い、溶接時の変色などを表現したく
ペダル類と同様の方法でフラットクリヤーで塗装後、
自作のクリヤー系ブラウンを筆塗りしウォシングしてみました。
なんとなくらしく見えるように思っていますが、どうでしょう?


IMG_2806.jpg

MFH Ferrari126C2(17) - 2014.08.17 Sun

こんにちは

MFH フェラーリ126C2の続きです。
インナーモノコック内のパーツ塗装と組みつけをしています。

IMG_2804.jpg

アクセル、ブレーキ、クラッチペダルはメタルパーツとエッチングで構成されています。

IMG_2793.jpg

フラットクリアーで塗装後、クリアー系のイエロー、オレンジ、レッド、ブルー、つや消しブラック等で作ったブラウン系の塗料を筆塗りし、シンナーでウォシングしていました。

IMG_2798.jpg

消火器は磨きだし後にややオレンジ気味のレッドで塗装しましした。

IMG_2794.jpg

MFH Ferrari126C2(16) - 2014.08.12 Tue

こんにちは

ブログを始めてから2年が経ちました。
ここまで続けてこれたのも、当ブログご訪問して頂ける方のお陰だと感謝しています。
どうもありがとうございました。
これからも、『模型の事しか書かない偏ったブログ』を続けて行きますので
よろしくお願いいたします。

祝2周年というわけではないのですが、ちょっと変化がほしいと思いまして
テンプレートをお借りして変更してみました。

フェラーリ126C2の続きです。

鋳造部品だと思われるパーツをサンドブラストを使って表面処理しました。
画像はシリンダーヘッドです。



こちらはギヤボックスです。

IMG_2785.jpg

エンジン部品です。
これらの部品はゴールドとシルバーの中間色なので塗装してしまえば、フラット調になる程度で
効果はそれほどありませんが、自己満足という事で作業してみました。

IMG_2786.jpg

MFH Ferrari126C2(15) - 2014.08.10 Sun


こんにちは
MFH フェラーリ126C2の続きです。
ブレーキ、クラッチフ用のシリンダー、オイルタンクを組みつけました。


オイルタンクは透明レジンでできています。

IMG_2778.jpg

オイルタンクはクリヤーイエロー、オレンジ、ブラック等でオイル色を着色した後に、
つや消しホワイトを薄く重ね塗りしました。

シリンダーはフラットクリヤーで塗装しナットはゴールド、クリヤーオレンジで着色したのちシンナーで洗い落としました。

IMG_2787.jpg

オイルタンクのチューブは省略されていたので0.5Φのテフロンチューブとインセクトピンで自作しました。

IMG_2788.jpg

ブレーキ、クラッチ用のオイルホースはヤスリでメッシュパターンをつけた半田線に洋白線を差し込みます。

オイルホースはメッシュワイヤー特有の曲線を考慮しパイピングするとリアル感が演出できます。

IMG_2789.jpg

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

はまくく

Author:はまくく
FC2ブログへようこそ!
2000年から趣味で模型作りを始めました。
最近はF1と箱車製作が主流で、特に1/12のビッグスケールが得意技です。
スケール模型クラブ 
模楽(MORAC)
に所属し活動中です。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

マクラーレンホンダMP4-6  (7)
タミヤ 1/12 ロータス72D 製作記 (62)
1/12 F2008 製作記 (77)
MODEL PLUS 1/12 Ferrari F2002 (35)
LOTUS HONDA 99T (22)
マクラーレンホンダMP4/4 (76)
その他 (5)
フェラーリF138 (14)
Ferrari126C2 (70)
アオシマ マクラーレンF1 GTR (10)
フジミ フェラーリF187/88C (11)
MFH Williams FW16 (20)
エブロ マクレーレンホンダMP4-30 (17)
模楽 MORAC (4)
ToytataTA64 (10)
Toro Rosso STR5 (7)
ハセガワ ランボルギ-ニ ミウラ  (15)
MFH 1/12 Ferrari 250TR (18)
エブロ ロータス91 (15)
MFH 1/12 Ferarri 330P4 (0)
MFH 1/12 Ferrari 330P4 (14)
FUJIMI NISSAN SKYLINE GTR (4)
fujimi スカイラインGTR (0)

訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QR