topimage

2015-05

マクラーレンF1 GTR 1988(2) - 2015.05.30 Sat

こんにちは

マクラーレンF1 GTR 1998の続きです。

ドアの開閉工作をしています。
キットでは、ドアが開いた状態と閉じた状態を選択し組み立てる
構成になっているので、ドアが開閉できるようにドアヒンジを作ります。



外径0.8mm内径0.4mmの真鍮パイプと0.5x0.5の角洋白線を半田付けします。
ヒンジはルーフ用とドア用と2種類作ります。

IMG_3565.jpg

内径を0.5mmにドリルで拡大し、0.5mmの洋白線を差し込みます。

IMG_3578.jpg

洋白線をパーツ形状に合わせ曲げてヒンジを製作しました。
ヒンジをルーフに差し込み様子をみると洋白線が出っ張って
しまったので凹になるよう、リューターで削りこみました。

IMG_3573.jpg

ドアに瞬着で仮固定しました。
フロントフェンダーも同様に差し込み構造にしてます。

上下方向の差し込み構造にした理由は
うまく説明できませんが、自分の作った構造はオフセット
していないのでドアを開いた際どうしても、パーツが干渉してしまい
うまく開かないのでちょっと上にスライドさせて(持ち上げて)
開くようにしています。

IMG_3583.jpg

ドアを開いた状態です。(ピンボケですみません)

IMG_3579.jpg

閉めた状態です。
初めての開閉工作で調整に苦労ましたが
何とか形になって良かったです。

IMG_3584.jpg

スポンサーサイト

マクラーレンF1 GTR 1998(1) - 2015.05.24 Sun

こんにちは

ちょっとF1は一休みで
アオシマの1/24 マクラーレンF1 GTR1998
を製作したいと思います。
F1製作記を楽しみにしていた方はスミマセン。
なぜ箱車?と疑問の思われる方が多いかと思うので
言い訳させて頂くと。
126C2の製作でF1のフルディテールでお腹一杯になった事と
今、これ作りたいと思うF1キットが気持ちの中にない中で
たまたまホビーショーのアオシマブースで見つけたこのキットを
素直に作ってみたいと思ったたからです。

名前にF1が付いているのでブログ趣旨から外れてないかと(汗)
箱車を作るのは6年ぶりぐらいですね。
スパーGTを4台ぐらいとMFHの250GTOなど過去に作った経験があります。



シャシとボデーを仮組みしました。
かっこいいですね。

アオシマのキットを作るのは初めてですけど
バリを処理すれば、パーツの合いも良く結構組みやすい印象を
持ちました。

IMG_3512.jpg
IMG_3513.jpg
ボデーパーツのヒケ取るため、600番のペーパーでヤスリがけしました。
赤矢印のスリット部は0.1mmのタガネを使ってくり抜きました。

IMG_3546.jpg

フロントのスリットもデザインナイフで削ってシャープに仕上げてます。
早くも完成が楽しみです。

IMG_3545.jpg

2015静岡ホビーショー - 2015.05.17 Sun

こんにちは

2015静岡ホビーショー、モデラーズ合同作品展 
『模楽 MORAC』ブースに
多数ご来場して頂きどうもありがとうございました。
また、素晴らしい作品を拝見させて頂き勉強させて頂きました。
どうもありがとうございました。

数多くの作品から勉強させて頂きましたが、
その中からご承認いただいた作品をご紹介いたします。

S.E.M 湘南モデルカー愛好会の
中村太一さんの『Ferrari 250GT』 1/43 スケールです。

見てください!この艶と輝き!塗装は吹きっぱなしで
研ぎ出しなしでこの状態です。
素晴らしいの一言です。
この艶と輝きを出すには塗料の配合、ハンドピースの自作改造、
エッジに塗料が偏らない吹き付け技術など、テーマを持って
研究されているとのことです。
この状態で充分凄いのですが、まだまだ理想には届いていないと
のことでさらに追及されるとのことです。

そう簡単には真似はできませんが、非常に良い刺激を受けましたので
私も精進したいと思っております。

ではまた。


MFH Ferrari126C2(67) - 2015.05.11 Mon

こんにちは

MFH フェラーリ126C2の続きです。
今回これで、126C2の製作記は終了となります。
みなさん長い間お付き合い頂きありがとうございました。

今週末5月16日17日
1昨年ぶりに
静岡ホビーショウにのモデラーズ合同作品に出展します。

F1モデリングに掲載した、ロータス72E、マクラーレンホンダMP4/4も展示予定です。

ご都合の付く方は、是非、静岡ツインメッセに足を運んで頂きお声をおかけして頂けたら
思っていますのでよろしくお願いいたします。
ちなみ、展示クラブ名は『模楽』MORACです。

ここ3日間の作業成果のご報告で完成には至っていません。

塗装をはがしてまたチリ合わせをしてます。(泣)
というのも、カウルを調整した際、ノーズコーンの調整を忘れ
御覧のように0.5mm程の位置ずれが発生してました。



位置合わせ後、再塗装です。
赤色の隠ぺい力が弱かったので、塗装時間短縮を狙って
サフはエヴォホワイトに赤を少々混ぜて、ピンク色で塗装しました。

IMG_3472.jpg

上塗り塗装の合間を縫って、テールランプの製作をします。
省略されていた、電装コードを自作追加しました。
レンズを固定するボルトも別売りのリベットに置き換えました。

IMG_3481.jpg

バックミラーのエッチングは
耐水ペーパー1000番、1500番、2000番
ラプロスの6000番8000番で磨いた後、ピカールで磨きました。

IMG_3483.jpg

上塗装後の写真です。
まだフロントウイングはついてません。
ロールバーもカウルと干渉するため、まだ微調整がひつようです。
でも、カッコイイデス。
何かここまで完成するとニヤニヤしてしまいます。

ベルギーGP仕様はサイドスカートの色で黒色とサンド色とで説が
色々ありますが、私はサンド色をチョイスしてみました。
事故直後の写真をみると折れ曲がったサイドスカートがサンド色の
ようにみえたからです。

IMG_3484.jpg

この後、カウルは鏡面仕上げしたのちデカールを貼りつけます。
デカールの上からのクリアーコートは定番工作となっていますが、
今回はあえてクリアーコートなしで実車風にしてみたいと思います。
時間がないからではないですよ。(笑)
ちゃんと、最初から決めていたことなんですよ。ホントに。

IMG_3500.jpg

最後に
何回も塗り直しや修正しましたが結局は
あまり似てないジル・ビルヌーブのアップです。(笑)

IMG_3501.jpg

MFH Ferrari16C2(66) - 2015.05.07 Thu

こんにちは
MFHフェラーリ126C2の続きです。

タイヤを塗装しました。
タイヤロゴはデカールが付属されていますが
テンプレートをつかって塗装で仕上げました。
タイヤの塗装色はつや消しブラック+つや消しホワイト
+ダークアースを使っています。



塗装終了後、ハンドドリルにタイヤを固定する治具を取り付け
トレッド部(接地面)をヤスリで削りました。
サイドウォール部はタイヤのゴム色
トレッド部は路面の埃を拾って汚れた色
一皮向けた感じが表現できたように思います。

IMG_3465.jpg

ホイルにはメタルパーツのランナーで作ったバランスウエイト
を取り付けてみました。

IMG_3469.jpg


MFH Ferrari126C2(65) - 2015.05.05 Tue

こんにちは

連休も残すところ後1日です。
大型連休は何処にも出かけず完成目指して模型三昧してますが、失敗の修正ばかりで思うように
作業がはかどらず、妥協ばかり。
楽しいはずの模型製作が地獄のように思えてきます。(苦笑)

本日も修正作業の紹介です。
右側ターボの位置ズレの影響でインタークーラ配管にも出ています。
少々の調整では治りそうにありません。(泣)

IMG_34251.jpg
メタルパーツのランナーを溶かして配管を1mmほど延長し、
自然につながるよう角度を調整しましたが、いまひとつですね。



ターボ用のウエストゲージバルブを組みつけました。
バルブに巻いてあるスプリングは0.25mmの金属線を螺旋状に巻き自作しましたが
金属線が柔らかい素材だったので、くねくね曲がってしまいました。

これでは、あまりにも情けないので、作り直します。

IMG_3455.jpg

ついでに、ボルトも切り飛ばしアドラーズネストのSS六角ボルトに置き換え
デイテールUPします。

IMG_3457.jpg

スプリングはステンレス製の物で製作しました。

IMG_3454.jpg
IMG_3459.jpg
IMG_3460.jpg

エンジンに組みつけた画像です。
少しはリアルになったかな?

IMG_3462.jpg

MFH Ferrari126C2(65) - 2015.05.04 Mon

こんにちは
MFH フェラーリ126C2の続きです。
排気管の製作をしています。
仮組みしてみると、左側の排気管が左側に大きく傾います。
どうも、エンジンを落下させた後の修正でしくじったみたい。(泣)
いまさら、またはずして組み直す根性もないのでごまかします。(汗)



1mmのプラバンでフランジに付けるスペーサーを作りました。

IMG_3427.jpg

スペーサーを付けた状態。
何とかごまかせたかなと思います。
ステーに干渉して右に傾いているので、
真直ぐになるよう調整しないといけないですね。

IMG_3429.jpg
IMG_3430.jpg

排気エンドのインシュレータを組み付けます。
エッチング製でホースバンドも再現されていてとてもリアルです。

ホースバンドは軽く曲げて少し浮きあがるように接着します。
こうした方がより実車に近づきます。
ボルトは付属品を紛失してしまったので、T2Mの物で代用してます。

IMG_3448.jpg

排気管をターボに接着固定しようとしましたが、強度的に不安だったので、
排気管に1mmの真鍮線を打ち込み、ターボの内径に合わせたプラ棒を
はめ込むようにしました。

IMG_3436.jpg

MFH Ferrari126C2(64) - 2015.05.03 Sun

こんにちは
MFHフェラーリ126C2の続きです。

ホビーデザインのエッチングパーツとさかつうの電装用のコネクタ、0.6mmのコードを使って
燃料タンク上の電装部品をディテールUPします。



BOXのコネクタを切り飛ばし、さかつうのコネクタを差し込みました。

IMG_3413.jpg

ロールバーを磨いていたら、折れてしまいました。(泣)

IMG_3415.jpg

位置を決めて、コテの熱でパーツを溶かさないよう慎重にはんだ付けしました。

IMG_3419.jpg

うまく修復できました。

IMG_3421.jpg

ターボユニット上部のインシュレータです。
T2Mのプラスリベットとホビーデザインのエッチングワッシャを使ってディテールUPします。

IMG_3422.jpg

瞬間接着剤で固定後、汚し塗装しました。

IMG_3424.jpg

MFH Ferrari126C2(63) - 2015.05.02 Sat

こんにちは

MFH フェラーリ126C2の続きです。
いよいよ、カウルの赤色塗装をします。
126C2の赤色は雑誌によってさまざまな色合いで
良く分かりませんが、濃い赤色に見えます。

手元にある塗料でチョイスするとこの3色
・発色を良くするための、バルケッタの蛍光RED
・赤色の濃淡を調正するガイアのプレミアムレッド
・基本色のクレオスのイタリアンレッド
これで、塗装します。



エッジ部分や奥まった部分には塗料がのりにくいので
先に塗装しておきます。

IMG_3396.jpg
IMG_3397.jpg

若干、朱色に近い赤色になってしまいました。

全体を塗装すると、艶が出てきて、表面のうねりや凸凹が発見しやすくなります。
さらに表面を整える為、1500番のペーパーで水研して塗装表面を整えます。
下地の表面処理がうまくできていない場合、ノーズコーンやミラーの様に下地色が出てきます。
こうなってしまうと、なかなか赤色をムラなく仕上げるのは難しくなってしまいます。(泣)

IMG_3398.jpg

塗装ムラをなくすよう注意しながら全体に色を載せ、もう一度1500番で水研磨し、
プレミアムレッドを少し多めオーバーコートし、もう一度1500番で水研磨しました。

IMG_3401.jpg

ちょっと濃い目の赤色。
まあまあの色合いになったと思います。

IMG_3404.jpg

MFH Ferarri126C2(62) - 2015.05.01 Fri

こんにちは
MFH フェラーリ126C2の続きです。

作業は進めていましたが、アッパーカウルのチリ合わせで時間がかかり
UP出来ていませんでした。
なので今回まとめての更新となります。

以前にチェックしたつもりですが、カウルのチリが合いません。
カウルのねじれをお湯で修正もしましたが、時間が立つと元に戻るので
ちょっと苦戦していました。

また、モノコック上部の燃料タンク部分にカウルが干渉しているみたいでアンダーパネル
トの間に1mm程、隙が出てしまいます。



とりあえず、アンダーパネルや、モノコック下部を削り高さを低く抑えてみますが、大きな改善は見られません。

IMG_3368.jpg

しかたないので、サイドスカートを上方向に移動させて、隙をごまかすことにしました。

IMG_33641.jpg

サイドスカートは3のパーツで構成されいて、一番下の部分は可動ギミックになっています。

IMG_3362.jpg

サイドスカートを仮組みし、裏から見た画像です。
丸で囲った、可動ギミック部分を削って対処したいと思います。

IMG_3367.jpg

丸で囲った部分を0.7ミリ程削りました。

IMG_33931.jpg

組み付けた画像です。
うまくごまかせたようです。

IMG_3375.jpg

ついでに、カウルの閉まりを良くするため、ネオジウム磁石を仕込みます。
この方法は 『折畳式カプラも工場』のピロッツさんも採用してますね。

キットの指定ではカウルの固定はTピンをカウルサイドにはめむようになっていますが
あまり良い固定方法とは思えません。めんどくさいし、ピンが紛失してしまいます。

なのでマグネットはお勧めの修正方法でです。
丁度良いサイズが手元になく1mmx2mmx4mmを無理やり仕込みました。
矢印部に仕込んでいます。

IMG_33711.jpg
IMG_33701.jpg

ガイアのエヴォホワイトサーフェイサーで下地を作りました。
も一度、表面を1200番の耐水ペーパーで均して、面をチェックして良ければ、いよいよ赤色塗装します。

IMG_3374.jpg

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

はまくく

Author:はまくく
FC2ブログへようこそ!
2000年から趣味で模型作りを始めました。
最近はF1と箱車製作が主流で、特に1/12のビッグスケールが得意技です。
スケール模型クラブ 
模楽(MORAC)
に所属し活動中です。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

マクラーレンホンダMP4-6  (7)
タミヤ 1/12 ロータス72D 製作記 (62)
1/12 F2008 製作記 (77)
MODEL PLUS 1/12 Ferrari F2002 (35)
LOTUS HONDA 99T (22)
マクラーレンホンダMP4/4 (76)
その他 (5)
フェラーリF138 (14)
Ferrari126C2 (70)
アオシマ マクラーレンF1 GTR (10)
フジミ フェラーリF187/88C (11)
MFH Williams FW16 (20)
エブロ マクレーレンホンダMP4-30 (17)
模楽 MORAC (4)
ToytataTA64 (10)
Toro Rosso STR5 (7)
ハセガワ ランボルギ-ニ ミウラ  (15)
MFH 1/12 Ferrari 250TR (18)
エブロ ロータス91 (15)
MFH 1/12 Ferarri 330P4 (0)
MFH 1/12 Ferrari 330P4 (5)

訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QR