topimage

2017-05

MFH Ferrari 330P4 (5) - 2017.05.28 Sun

こんにちは
MFH Ferrari 330P4の続きです。

ドアを仮組みしました。
チリの合いも良くありませんが、赤矢印の部分が
干渉してしまい、ドアが開きません。



強引にドア開けると、少ししか、開きません。
ドアの先端がフェンダーに干渉するのが原因みたいです。

IMG_5163.jpg

先日、ブログにコメントをいただいた方がいまして、330P4を
製作されているとのことで、製作記事をは拝見したところ
ドアのヒンジを洋白板で作り直し、半田付けするなど、結構
大変な改造をされています。
色々参考にさせて頂きます。ありがとうございました。

自分はとりあえず、フェンダーとの干渉を取り除くことができないか、
フェンダー内部を削ることにしてみます。
黒く、塗った部分を削ってみます。

IMG_5165.jpg

少々削ったところで、改善されることはなく
2枚に構造のパネルの1枚を削り取る形になってしまいました。
フェンダーの板厚も少々削って薄くしています。

IMG_5166.jpg

右ドアは全く開かなかったのですが
ここまで開くことが可能となりました。

IMG_5170.jpg

左ドアは、かなりスムースに開きます。
ドアを開いた際、削った穴が目立たないか心配でしたが
ほとんど見えませんね。

IMG_5168.jpg

左ドアを閉めた状態です。
チリの合いが良くないので、まだまだ修正が必要です。
そもそも、ドア形状が違うのかもしれませんね。

IMG_5167.jpg
スポンサーサイト

MFH Ferrari 330P4(4) - 2017.05.27 Sat

こんにちは 
MFH Ferrari 330P4の続きです。

左右のフレーム位置を調整しキャビンを載せてみました。
キャビンの固定もビスで行うようになっているので
チリ合わせ時にずれが生じず楽にできそうです。

IMG_5144.jpg

ギヤボックス横からテールまでのフレームを組みつけました。
こちらもビス固定です。

IMG_5150.jpg

フロントサスを組みつけました。
こちらもビス固定。

IMG_5151.jpg

リヤカウルの歪が大きかったので、マスキング
テープでカウルを固定し、お得意のヒートガンで
レジンの歪をとりフロントカウル、リヤカウルを載せました。

意外と結構いい感じに収まっています。

IMG_5152.jpg
IMG_5153.jpg
IMG_5155.jpg
IMG_5154.jpg

若干フロント左カウルの浮きが目立つので
まだまだ修正が必要です。

IMG_5156.jpg

MFH Ferrari 330P4 (3) - 2017.05.24 Wed

こんにちは

MFH Ferrari 330P4の続きです。

エンジンマウントのフレームを仮組みしています。
メカー指示では赤矢印部分にメタルのボルトを差し込み
接着する方法ですが、固定するには少々強度不足と
思われますので、ビス固定に変更します。



モターツールのビットで軽くビスの首が座り易いように座面の
面出しをします。

IMG_5131.jpg

エンジンとフレームをビスで固定しました。
これで結構、強度UPします。
キャビンのフレームとの結合部も少々強度が心配なので
真鍮パイプを使って補強します。

IMG_5134.jpg

慎重パイプを結合部にスライドさせて補強完了です。

IMG_5135.jpg

全体画像です。
まだまだパイプフレームの仮組みは続きます。

IMG_5137.jpg

MFH Ferrari 330P4 (2) - 2017.05.22 Mon

こんにちは

MFH Ferrari 330P4の続きです。

アルミのシャシフレーム部分となるパーツを
サンドペーパー#400、#800、#1200で磨き
ピカールでそこそこの鏡面仕上げにしました。

大きな底面はエンジンやシートが上に搭載
されるので、見える事はないと思いますが
組みたて初期段階はモチベーションも高く
頑張ってしまいます。




メタルパーツは歪が大きく、正規の形状を想像しながら
一つ一つのパーツを指で修正しながら、仮組みしています。
パーツは1.4mmx3mmの極小ビスで固定する指示ですが
強度のことを考え1.4mmx4mmに置き換えています。

フレームを全部組み終えないと、修正する方向が定まらない
感じです。

IMG_5127.jpg
IMG_5128.jpg

MFH Ferrari 330P4 (1) - 2017.05.20 Sat

こんにちは

MHF 1/12 Ferrari330P4 の製作を開始致します。

IMG_5122.jpg

箱をあけると、レジンのボデーが、
ボデーの大きさに圧倒されます。

IMG_5123.jpg

ボデー、エンジンブロックはレジン製
レジンボデーの肉厚は薄く、歪も大きいかもしれませんね。

その他、フレーム、サスペンションはホワイトメタル製です。
メタルパールの数が非常に多いですね。

先に製作した250TRの倍以上はあると思います。

IMG_5124.jpg

メタルパーツを研磨機で磨きました。
研磨機は1回、約20分。
ほぼ、まる1日時間を費やしました。

IMG_5125.jpg

静岡ホビーショーありがとうございました - 2017.05.15 Mon

こんにちは

静岡ホビーショー『模楽 MORAC』ブースに足
を運んでくださいまして、ありがとうございました。
色々な方々とお話をさせて頂きとても充実した
ひと時を過ごすことが出来ました。感謝、感謝です。



模楽MORACの展示作品を紹介いたします。
まずは 巨匠、斎藤さんの作品から

モデューロ フルスクラッチ作品
IMG_3460_20170515213226ea0.jpg

レジン複製品、いずれはキット化されるかも?

IMG_3461_201705152131553ba.jpg

斎藤さん2作目
謎の円盤 UFO フルスクラッチ
凄い、凄いすね。

IMG_3484_20170515213159558.jpg

高山さんの作品
スリーフォイラー キットではリヤにスペアタイヤを固定する
タイプだったので、ボデーを自作しおりりを絞り込みスタイリッシュに
改造されてます。 

IMG_3483_20170515213158a78.jpg

高山さん2作目

タミヤ LFAのカットモデル 額装模型
黄色のボデーカラーと額装ブラックが良い感じです。
IMG_3459_20170515213224d65.jpg

稲本さん
西部警察 シリーズ
これだけ前種展示されてた事は今までにないでしょうか?
とても人気ありました。

IMG_3486.jpg

高橋さん
元祖 額装模型 研究所 

今年もいろんな車が、切断されました。

IMG_3489.jpg

IMG_3490.jpg

いろんな作品に刺激を受け、次回作にも意欲的に取り組めそうです。
どうもありがとうございました。

MFH Ferrari 250TR(18) - 2017.05.12 Fri

こんにちは

静岡ホビーショー モデラーズクラブ合同作品展も
いよいよ明日開幕となります。

本日は、昼からお休みを頂き、最後の最後の
仕上げを行っております。

MFH Ferrari 250TRの続きです。

メータパネルの製作です。
メタルのパネルは磨きあげメッキ調にしました。

メーターはメタルパーツにメッキが施されています。
デカールは丸く切り抜き、ボンドで貼りつけることにします。



スピードメータの指針はエッチングパーツで用意されており
精密感バッチリです。

IMG_5094.jpg

塩ビ製のメーターレンズとスイッチ類を組みつけ完成です。

IMG_5100.jpg

ステアリングホイールはレジンで出来ています。
木目表現はうまくできたか微妙ですが、遠くから見れば
OKレべルかと(汗)。

IMG_5091.jpg

窓枠はメタルパーツを磨きこみメッキ調にしてます。
フレームに0.5mmの穴をあけ別売りパーツの
0.8mmリベットを接着しました。

IMG_5097.jpg
IMG_5099.jpg

フレームの裏側は飛び出したリベットをモータツールで
削り取っています。

IMG_5098.jpg

磨き上げたボデーをフレームに固定すると
スペアタイヤがトランクフードに干渉してしまい
トランクのヒンジ部の塗装がはがれるなどの
トラブルが有り、リペイントで修正しました。

ガソリンタンクやスペアタイヤのモールドも素晴らしく
カッコいいですね。

IMG_5103.jpg

ボデーを組みつけたら、排気管を組みつけます。

IMG_5101.jpg

最後に窓枠、ステアリングを組みつけます。

昨年の11月後半から開始して約6カ月、途中、中だるみも
有りましたが、最後の1カ月で怒涛の追い上げでほぼ
無事完成にこぎつける事が出来ました。

目標がないと中々、モチベーション維持は難しいですね。

毎回、組みつけながら反省することですが、
やっぱり仮組みは大切。  
でも面倒で省いてしまう。
優柔不断な性格は一生治らない。

1/12スケールの箱車レジンキットは初めて組みましたが
ホント大変だけど、完成した時の感動は大きいですね。

あまり完成画像を撮る私ではありませんが
ちょっと撮ってみましたので見てやってください。

まだ完成では有りませんが・・・・・・・・
優柔不断でスミマセン。

IMG_5105.jpg
IMG_5106.jpg
IMG_5118.jpg
IMG_5116.jpg
IMG_5109.jpg
IMG_5111.jpg
IMG_5112.jpg
IMG_5113.jpg
IMG_5114.jpg

MFH Ferrari 250TR(17) - 2017.05.11 Thu

こんにちは
MFH Ferrari 250TRの続きです。
シートの紹介です。

質感をあげる目的で赤矢印部分を彫ったり
角を削って丸みを付けたりしました。

写真右側は加工前です。



シートはレザーなのでレザー調のシートを
型紙に沿って切り出し、貼りつけて行きます。

IMG_5075.jpg

縫い目の部分はしかり奥に差し込んで
座り心地の良いソファーのようにします。

ちょっと使用感を出す為、スミ入れ、ウエザリングを
しました。

IMG_5076.jpg

IMG_5074.jpg

こちらは、メーカーのシート完成画像です。
縫い目を隠す白色のパイピングが施されており
キットでもレザー調のシートを丸めて貼りつける
よう指示されていますが、どうも今ひとつなの
で別の方法で再現します。

DSC_0004_ss.jpg

とりあえずシートを載せてみました。

IMG_5077.jpg

MFH Ferrari 250TR(16) - 2017.05.08 Mon

こんにちは
MFH Ferrari 250TRの続きです。


ダッシュパネルに取り付けるブレーキ、クラッチユニットを
組みつけました。
ブースターとリザーブタンクのパイピングは0.6mmの配線
を使いました。
画像はエンジンルーム側からの写真となります。



こちらは室内側からの画像です。

IMG_5067.jpg

ダッシュパネル、リンホース、トンネル(赤矢印)を
組みつけました。
トンネル部は歪が大きく合いが悪いので、修正を
念入りにする必要があります。


IMG_5072.jpg

ラジエータを組付けました。
冷却ホースはキット付属の熱収縮チューブと
エッチングパーツのホースクランプを使っています。

IMG_5071.jpg

エンジン両サイドのフレームを組みつけました。

IMG_5088.jpg

MFH Ferrari 250TR (15) - 2017.05.04 Thu

こんにちは

MFH Ferrari250TRのつづきです。

ボデーの塗装をしています。

1958年 サルテ24hレースにプライベータで参戦、7位のマシンです。
ボデーカラーはホワイトで中央に2本のブルーストライプが入ったマシンです。

ホワイトはMrカラーのグランプリホワイトにほんのちょっとタンを混ぜて
クリーム色に近い色合いにしています。


IMG_5078.jpg

ブルーストライプはデカールで再現するようになっていますが
ボンネットの部分はどうもデカールの形状が合っていないようようで
御覧の様にシワだらけになってしまいました。

IMG_5080.jpg

仕方ないので、塗装でリカバリーする事に。
デカールに合わせた、ブルーを調合しマスキングして
塗装しました。

IMG_5084.jpg

若干の塗装のはみ出しはありましたが、
まずまずの出来具合に一安心です。

IMG_5085.jpg
IMG_5086.jpg

で、まだブルーデカールは曲者でして、フロントノーズと
リヤトランク状のブルーストライプの上にゼッケンを貼りつける
指示ですが、ブルーの上にゼッケンを貼ると、ブルが透けて
しまいます。
仕方ないので、ゼッケンを型紙にしてブルーストライプを
切り取りました。

IMG_5082.jpg
IMG_5083.jpg

全体画像です。
ボンネットの塗装ストライプとデカールストライプの
色違いもそれほど目立つことはないようです。
カッコいいー。テンションあがりますね。

IMG_5087.jpg

ゼッケンを貼りつけ、ガイアのEXクリアーでオーバーコートし
1500番で研ぎ出し、2回目のクリアーを吹いた時、やってしま
いました。

22番ゼッケンの右上です。明らかに変な塗装傷があります。

ボデーを手に持ち、右や左に取り回ししながらクリヤーを
吹いていた時だと思います。
たぶんエアブラシホースがボデーに接触したのではないかと思います。
こんな失敗は初めてですが、1/12サイズとなるとボデーも非常に大きく
塗装も磨きも大変です。
静岡ホビーショウまであと少し、もう一頑張りします。

IMG_5090.jpg

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

はまくく

Author:はまくく
FC2ブログへようこそ!
2000年から趣味で模型作りを始めました。
最近はF1と箱車製作が主流で、特に1/12のビッグスケールが得意技です。
スケール模型クラブ 
模楽(MORAC)
に所属し活動中です。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

マクラーレンホンダMP4-6  (7)
タミヤ 1/12 ロータス72D 製作記 (62)
1/12 F2008 製作記 (77)
MODEL PLUS 1/12 Ferrari F2002 (36)
LOTUS HONDA 99T (22)
マクラーレンホンダMP4/4 (76)
その他 (5)
フェラーリF138 (14)
Ferrari126C2 (70)
アオシマ マクラーレンF1 GTR (10)
フジミ フェラーリF187/88C (11)
MFH Williams FW16 (20)
エブロ マクレーレンホンダMP4-30 (17)
模楽 MORAC (4)
ToytataTA64 (10)
Toro Rosso STR5 (7)
ハセガワ ランボルギ-ニ ミウラ  (15)
MFH 1/12 Ferrari 250TR (18)
エブロ ロータス91 (15)
MFH 1/12 Ferarri 330P4 (0)
MFH 1/12 Ferrari 330P4 (9)

訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QR